1世紀 シャム湾沿岸のメコン河流域に「扶南(ふなん)王国」発祥
7世紀 扶南俗国の1つだったカンボジア(真臘 しんろう)がタイの南東部までの領域を平定
9世紀 南北分裂後のジャヴァによる支配を経て、ジャヤヴァルマン2世によりジャヴァからの開放、再統一
12世紀 ジャヤヴァルマン7世により、東の隣国チャンパとの抗争に終止符。カンボジアは最大の領土を誇る
15世紀 13世紀末以降、西の隣国シャムの侵略に苦しみ、シャムのアユタヤ王朝によって滅亡
17世紀 シャムに加え、東のチャンパからの侵略・干渉
1887年 カンボジアは仏領インドシナに編入。第二次世界大戦末期の一時期、日本により軍事支配
1945年 3月 日本軍によるフランス勢力武装
1953年 11月 シハヌーク国王による『カンボジア王国』設立 (仏より完全独立)
1970年 ロン・ノル政権(新米右派)成立、国名は『クメール共和国』へ
1975年 ポル・ポト政権(反越親中極左派)成立、国名は『民主カンボジア国』へ
1979年 ヘン・サムリン政権(親ソ・親越)成立、国名は『カンボジア人民共和国へ
1982年 民主カンボジア連合政府(反越親中3派のシハヌーク派・ポルポト派、ソンサン派)が併存し、内戦状態が続く。和平へ向かったのは冷戦構造が崩壊し、中越関係の改善が進展した90年代に入ってから
1989年 ベトナム軍撤退、国名は『カンボジア国』へ
1990年 カンボジア暫定国民政府設立
1991年 10月 パリ国際会議において、カンボジア和平協定調印
1992年 2月 国連カンボジア暫定機構派遣
1993年 5月 制定議会選挙
1993年 9月 新憲法公布とともに、シハヌーク国王による『カンボジア王国』(現在の国名)が設立
1994年 7月 クメール・ルージュ(ポル・ポト派)非合法化成立
1996年 7月 第一回カンボジア支援国会合(CG)が開催
1997年 7月 内紛勃発
1998年 7月 国会の任期満了に伴う総選挙実施 → 新政府成立
2004年 12月 新国王 ノロドム・シハモニ国王が誕生