井戸寄贈
カンボジアの人々が日常生活で直面しているのが「水」の問題です。人々は溜池の水や水深5mほどの水質の悪い非衛生的な井戸水を生活水として使用しているのが現状です。
そのため病気になる人も多く、特に幼い子供たちの命が感染症などにより失われています。 この問題を取り上げて活動を行っているシェムリアップ州議員のシアン・ナム議員と協力し、JHCではカンボジアへの井戸寄贈を希望される方々の仲介を行っています。
井戸は、村人の生活向上、水質、衛生面まで考えて深さ約30mの基準を持って行います。
これまでに日本の方々の好意により1,000本以上の井戸を寄贈することができました。

井戸ができるまで

  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
  • 井戸寄贈
手配
  • 1.
    弊社宛てに『井戸寄贈希望』の旨連絡をメールにてお願い致します。
  • 2.
    井戸に看板をつけることができますので、看板名をお知らせください。(ローマ字記載)
  • 3.
    JHCアンコールツアーから井戸掘り委員会へ手配の連絡をします。
井戸の完成
  • 1.
    井戸の完成はご注文を頂いてから約1週間後となります。
  • 2.
    井戸が出来上がり次第完成の連絡と、井戸画像を送信させて頂きます。
井戸の見学とセレモニー

井戸を必要としている村は大抵僻地に位置しております。井戸見学を行う際、約半日はお時間を頂くことになります。道の状況(雨季など)によっては車で行けない場合もございます。

  • 1.
    カンボジア観光を予定している場合、井戸の見学が可能です。その際のガイド・車代は別途かかります。
  • 2.
    『井戸寄贈セレモニー』を開催することが可能です。その際の通訳ガイド・車代は別途かかります。
    ※セレモニーを行わない場合でも感謝状は頂けます。

村人たちが集まり、寄贈者に感謝状授与などがあります。また、国会議員のシアン・ナム氏が参加される場合もございます。(要・アポイントメント)村人や子供たちが沢山集まりますので地元民とのふれあいも期待できます。

支払方法

●お支払は、日本にて事前に承ります。 ご入金の確認が取れ次第、着手いたします。

【井戸寄贈のお申し込み・お問い合わせ】
JHCアンコールツアー シェムリアップオフィス
・E-mail:ido@jhc.com.kh (日本語可)
 

水事情

左の写真、右側に写っているのがシアン・ナム議員です。1998年にシェムリアップ州選挙区で当選した国会議員です。シェムリアップ州全域を対象に「井戸堀り委員会」を設け井戸掘り活動を行っています。水の問題に直面している村や家庭を調査し、井戸を寄贈しています。その後の井戸管理まで力を注いでおり、カンボジアの復興のために活躍されています。

※カンボジアの水事情

カンボジアの井戸水は鉄分を多く含むのか、やや赤い水が出てきます。 この水によって井戸が赤く汚れることがよくあります。汚れていることから「この井戸は本当に今回掘ったものなのか、以前誰かが堀ったものを案内しているだけでは?」と過去お客様よりご指摘頂いたことがございます。もちろんそのようなことは一切行っておりませんが、数週間で井戸が汚れてしまうことをご理解いただければ幸いでございます。