学校寄贈
開校式

長い内戦の間に、学校は破壊され、多くの人々の命が奪われました。心に深い傷を負ったカンボジア人にとって、「無料で、日本語を学ぶことができる学校」、「寮を完備して、住むところまで補償されて、学ぶことができる学校」が開校するということは、大きな希望となりました。
日本から赴任した日本人教師も大きな志と強い意思を持ち、大人も子供も笑顔があふれ、カンボジアの復興のために心をひとつにした開校式でした。

 

  • 開校式1[開校式]
  • 開校式2[フンセン首相と山本会長]