カンボジアの水祭り!

水への恩恵に感謝をこめて行われる水祭りの様子をご紹介します。

水祭り

水祭りは、満月の夜とその前後の3日間、雨季と乾季の境目の時期に行われます。メコン川とトンレサップ川へ感謝を表す儀式です。 今年は、11月11日・12日・13日に開催されました。
川の周りに灯篭を販売するお店がたくさん建ち並び、夜になるとお線香とロウソクを立てて、灯篭流しが行われます。大きな家の形の灯篭 や観覧車やメリーゴーランドなど、移動遊園地のようなものも現れました。そしてロケット花火や手持ち花火を売る人も出てきて、深夜0時なると、皆で花火が始まります。
音楽も流れて、川岸ではダンスをしている人がいたり、舞台ではカラオケも行われていました。

お供え物
お供えものとしては、アンボックとバナナとココナツを用意し、
お月様にささげます。
アンボックとは、新米を潰して、乾燥させたものです。
食べるとお米の甘みがあります。
日本でいうお月見団子と同じです。
深夜0時を過ぎたら、皆でそれを食べるそうです。
水祭り

水祭りの期間は、シェムリアップ川でボートレースも行われ、大勢の人が応援に集まり、盛り上がります。