アンコールツアーの現地情報

「プノンバケン」夕日観賞の規制について2011年9月16日

プノンバケン遺跡への入場は17時30分まで

カンボジアの夕日鑑賞スポットとして最も有名なプノンバケン遺跡。約60mの丘の上にある遺跡で、上からはアンコール遺跡群を一望でき、広大なジャングルに沈む夕陽を見ることができるスポットです。

これまではプノンバケンがある丘の麓を、17:30までに登り始めればよかったのですが、現在は丘の上の遺跡に17:30までに入場しなくてはならないという規制が出来ました。また、今までは東西南北にある階段の全てで昇降が可能でしたが、遺跡へ登る際に利用できる階段は東側のみとされました。※降りは西側階段も利用可。
17:30になるとこの階段の前にロープが張られ、遺跡に上がる事ができなくなります。並んでいる最中に17:30を迎えてしまった場合も同様に遺跡に上がる事はできません。
また、18:00になるとアプサラ機構の係員より、遺跡から降りるよう促されますので、時期によっては最後まで夕日鑑賞をすることができずに、遺跡を降りなくてはならなくなりました。

現在降りにかかる時間に関しましては、以前とさほど変化はありませんが、上りには従来よりも時間がかかっております。プノンバケンで夕日観賞をされる場合は、時間に余裕をもって到着される事をお薦め致します。

プノンバケン遺跡マップ




RSS新着情報