創健者:ジャヤヴァルマン7世/建築年代:12世紀後半/信仰:仏教
[創健者:ジャヤヴァルマン7世/建築年代12世紀後半(南大門・バイヨン・象のテラス)/信仰:大乗仏教]
アンコールトムはひとつの寺院の名ではなくクメール王国最盛期に建設された都の名前です。周囲は3km四方の堀と城壁に囲まれており、観世音菩薩の巨大な顔が彫られた5つの城門が外部へ通じています。49もの塔がそびえるバイヨン寺院が中央に位置し、その他には三島由紀夫の戯曲で有名なライ王のテラス、別名“隠し子の寺院”バプーオン、王が凱旋した軍を迎えた象のテラス、参道にナーガを引き合う神々と阿修羅の像が並ぶ南大門など、たくさんの見所があります。
[象のテラス]
南大門]
この大きな都、アンコールトムはどう廻る?

アンコールトムの敷地内は広く、全てを歩いて観光することは出来ません。
お勧めの廻り方を下記ご案内いたしますので、是非ご参考にどうぞ!

  • 南大門

■南大門(所要時間20分)

アンコールトムへの入り口。23mの高さをもつ迫力ある城門
  • バイヨン寺院

■バイヨン寺院 Bayon (所要時間45分)

至る処に観世音菩薩の顔、顔、顔・・!世界的にもかなり珍しい
  • バプーオン

■バプーオン Baphuon (所要時間25分)

『隠し子の寺』という名をもつ900年代の宮殿。2005年現在修復中
  • ピミアナカス

■ピミアナカス Phimeanakas (所要時間20分)

『空中楼閣』と言われているピラミッド型の宮殿
(写真提供 日本アセアンセンター (c)ASEAN-Japan Centre)
  • 王宮跡

■王宮跡(所要時間15分)

王宮は木造であったため、現在は『跡』のみ残る
  • 象のテラス

■象のテラス Elephant Terrace (所要時間20分)

350mにも及んで彫刻された象たちが並ぶテラス
(写真提供 日本アセアンセンター (c)ASEAN-Japan Centre)
  • ライ王のテラス

ライ王のテラス Leperking Terrace (所要時間20分)

何の為に造られたのかが未明の迷路のようなテラス
(写真提供 日本アセアンセンター (c)ASEAN-Japan Centre)

Information

シェムリアップ市内から車で約25分
所要観光時間:2時間半〜3時間
入場券チェック:バイヨン寺院のみ
TOILET:遺跡内に無料トイレ有り(数カ所あります)

Sightsee Time

●午前
9:00〜11:00が最も混雑する時間帯です。 バイヨン寺院の回廊が狭い為、混雑時にはガイドさんの声が聞こえにくいことも…。
●午後
午前に比べると比較的観光客は少なく、ゆっくり観光したい方はお昼を狙ってみましょう。

Sightsee Season

屋根が少ないため、雨季は雨具を持参した方が良いでしょう。
遺跡群の中で最も屋外を歩く時間が長いため、熱射病/日射病に気をつけましょう。帽子は必携です!

シェムリアップのホテル予約